あい混声合唱団で一緒に歌いませんか?

 

聞かなきゃ損!歌わなきゃ…

 

 

もっと、損!

 


こんな団員が、みなさんのお越しをお待ちしています!!

 「小学生への合唱指導で悩んでいた時に、偶然受講した相澤先生の講習会。大変興味深かったので、いっそのこと先生の団で歌ってしまおう!と入団を決めました。あい混で音楽を追求する時間は、最高に面白く刺激的で、かつ癒される時間です。相澤先生をはじめ、いま活躍されている作曲家やピアニストの方の素晴らしい音楽に触れられることも大きな魅力です。あなたも一緒に、"曲が喜ぶ演奏" を目指しませんか。」(写真右・近藤瞳 / 小学校教諭・都留文科大学出身)

 

 「実は入団するまでに何度もあい混の演奏会を聴きに行っていたんです。毎回感動し楽しんでいましたが、特に魅力だと感じていたところは "多彩な日本語の表現" と "柔軟なサウンド" です。実際に練習では、演奏者都合でなく、作曲者の意図を汲み取ることを常に大事にしており、本当に美しい表現とは何なのかを追求し続けています。加えて、合唱界を活性化させるために、意欲的に活動しているところも刺激的です。作曲家との繋がりも多く、今まで委嘱・初演してきた曲は合唱界の歴史に残る曲になると思います!」(写真左・東夏子 / ピアニスト・国立音楽大学出身)

 

 「あなたが素晴らしい声と才能を持っているのに、それを生かせる場所がないと思っていたら 『あい混』 に入団される事をオススメいたします。

 私は声楽家として数々のオペラやコンサートに出演しているソプラノ歌手です。

昨年から『あい混』の一員として練習や合宿、そして、コンクールの舞台に立たせていただきましたが、『あい混』では、かなりハイレベルな練習、素晴らしい素質を持つ団員の方々の取り組みに感動し、そして、本物の芸術を追求する相澤先生のご指導を受けらる事が何よりの魅力です。

 今までソリストとして発声や音楽を追求して来た私にとって、合唱というジャンルは、別ジャンルのものという感覚がありましたが、『あい混』に入ってからは、声という楽器を使って作り上げる音楽の素晴らしさ、奥深さをより知ることができたと同時に、自分の力不足や勉強不足を痛感いたしました。

 音大を卒業してプロの歌手になっている方にも、ぜひ『あい混』の凄さを経験していただきたいと思います。ソリストとしても、アリアや歌曲の表現にも必ず活かせる音楽を、ここでいつも間にかモノにすることができます。アマチュアの人だけでの『あい混』ではもったいないとさえ思っています。是非あなたの才能を『あい混』で一緒に開花させませんか?」(写真右・須藤恵 / ソプラノ歌手・群馬県在住)

 

 

 「"あい混" に入って特に良かったのは、個性的な仲間が沢山できたことです。学生から会社員、プロまで幅広い背景をもった団員達と高め合い、試行錯誤しながら曲を作り上げる面白さは格別です。私は入団して日が浅いですが温かく迎えて頂き、演奏会やコンクールで共に新しいことに挑戦したり、夏合宿で花火や川遊びをしたり…と充実した1年を過ごせました。「真剣に音楽に打ち込みたいし、みんなとワイワイ楽しみたい…」そんな方はぜひ一度練習にお越しください。一緒に歌えるのを楽しみにしています。」(庄井友輝 / 会社員・北海道大学出身)

 

 ※編集者註:写真は、ステージ衣装のアイテム(ブーケ)づくりを手伝っている庄井クンです。

 

 「他の音楽と比べて合唱には歌詩があるから、その土地の言葉に思いを込めて、音符と言葉の繋がりをちゃんと分析しないと、うまく表現出来ません。あい混は、別にあらゆるジャンルを歌い尽くすのではなく、時代と共に生きる日本語の作品に専念しているからこそ、日本語の合唱を一番美しく歌える合唱団と言えるでしょう。だから外国人の私は、より“本場の旨味”を味わうために、国境を越えるまで練習やコンサートに参加する価値があると思っています。

 また、上海で合唱をしていながら、日本語の合唱に興味がある中国の合唱人に選曲や翻訳などいろんなアドバイスを提供しています。これまで積んだ邦人作品の経験は、全部あい混のおかげです。ある種、これは文化の架け橋ではないでしょうか。

 冗談ではなく、当初は指揮者目当てのミーハー活動に過ぎませんでした。知らず知らずのうちに入団3年目に入りました。あい混のことを大切に思い、少しでも繋がりたい気持ちが一層強くなりました。“わざわざ上海から来て大変ですね”とよく言われますが。私にとって、趣味のために自由自在に旅するのは最高の癒しであります。」(裘 雪颖 / 会社員・上海在住)

 

 「"アクセントに悪戦苦闘!"  そんなつまらないギャグを微動だにしないあい混ファミリーですが、それを汲み取った音楽は打って変わってダイナミクスや推進力で溢れます。音符や言葉たちが目指す憧れとマエストロが示す道標が常に重なり合って生まれる自然なサウンドはあい混でしか体験できない感覚だと思います。

 私の夢は合唱指揮者です。それぞれがそれぞれの「歌いたい!」気持ちと高いモチベーションで臨む歌い手仲間はもちろんのこと、合唱としての声を引き立たせる素晴らしい講師陣によるボイストレーニング、和声を知り尽くした作曲家・演奏家または聴き手の心を揺さぶる表現を加味した客観性、様々な目線からアプローチしてくださる相澤先生との充実した時間を積み重ねることによって誰もが〝アーティスト〟になれることでしょう。

 日々高いレベルで追求されるあい混での音楽性と人間性は自分への大きな刺激となり、目指す将来像もどんどん明確になっています。楽曲と身体が一つになる感覚を味わいたい方、とにかく充実したアンサンブルを体験したい方、清涼なギャグと熱い音楽のコントラストを味わいたい方、ぜひ大きな衝撃を受けにあい混へ!!!」(三浦達也 / 洗足学園音楽大学)


入団までの流れ

1. 団について、より詳しく知る! へぇー!

まずは、団紹介ページ をお読みください!条件や必要なマインドなども詳しく書かれています!

これまでの演奏などをチェックしたい方は、YouTubeチャンネルも是非ご覧くださいね!

 

2. 入団お申し込みフォームから、団に連絡を入れる! ワクワク!

入団お申込みフォームから、ご連絡ください。このとき、意気込みや不安な事、予め知りたいことなどを合わせてご連絡いただくとスムーズです!

フォームを受信すると、担当者から「入団課題」という名のメロディーが届きます。これを1週間を目安に録音して頂きご提出ください。スマートフォンの録音機能程度の音質で十分です。(あい混では、練習時間内には音取りをせず、配布した楽譜を次の練習でいきなりアンサンブル練習することが多いため、その予行練習の意味を持つ課題となっています。

 

3. 入団課題、ご提出! ドキドキ!

入団課題をご提出いただき、音楽監督及び運営チームなどで確認の上、初回お越しいただく日程の調整を行います。

 

4. 仮入団〜正式入団! ヤッター!

おおよそ1ヶ月を上限に仮入団期間を設けています。この間は、団員と同じように練習に参加して頂き(是非、練習後の飲み会もご一緒に!)実際に「あい混」そのものを体験していただきます。仮入団中にお互いの意思確認の上で、正式入団となります。最短で仮入団初回時に入団を決めていただくこともあり得ます。

 

心は決まりましたか? あなたの人生の彩りになることをお約束します!
勇気を持って、お申し込みください!
↓↓↓